サーバーをレンタルしてできること、まとめ

独自ドメインによるホームページ開設が可能

無料ブログやホームページサービスで開設するブログ・サイトとは異なり、「.com」の前のURL名を自由に決めることができます。もちろん、既に使用されているドメインは使用できないものの、工夫次第で望む名前を使用することは可能です。これにより、自社のサイトや、個人事業主のページを作ることができ、信用度が高く、さらに検索しやすいアドレス名にすることが可能です。引いては、SEOにおいて非常に有利に働くこととなります。

付随して、独自ドメインによるメールアドレスも使用可

ホームページなどサイトに伴い、同じドメイン名のメールアドレスを使用することができます。今や、YahooやGoogleで取得したフリーメールでもやりとりすることは可能ですが、やはり独自ドメインによるメールアドレスの方が信頼度は上がります。こういったデバイスにきちんとお金をかけている=ビジネス的にも、人格的にもきちんとした人・団体・企業、というイメージに結びつくからです。細かいかもしれませんが、こういったことでコツコツと信用を積み上げることがビジネスにおいて最も大切です。

CGIやPHPを使用したお問い合わせフォーム作り

フォームCGIやPHPを使って、お問い合わせフォームや資料請求といったような動的なページを公開することができます。特に、通販などネット上で販売を行う企業においてはこういったページが必須ですので、なおのことレンタルサーバーが必須となります。

他にも、サーバーによって数は違いますが、一社契約するごとに、ホームページやメールアドレスを複数個持つことができます。一業種だけでなく多岐にわたるビジネスを行っている方にとってはまさにうってつけですね。

レンタルサーバーとは、サーバーを使用するに当たってリスキーな、ハードウェアの保守管理やソフトウェアの保守管理を避けるために、専門業者によって保守管理されたサーバーをレンタルすることです。