誹謗中傷のターゲットになってしまったら?

何が引き金になるか分からない誹謗中傷

有名人だけに限らず私たち一般人にも誹謗中傷のターゲットになることがあります。特にSNSの普及、学校職場での人間関係などあらゆるところに問題が潜んでいます。

そもそも誹謗中傷とは

根拠のない悪口や嫌がらせでその人の名誉を傷付ける行為を誹謗中傷と言います。よくある話しと軽く見てはいけません。誹謗中傷は立派な犯罪で名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪などの罪名で罪に問われることがあります。

自分の身は自分で守る

特定のSNSに自分の個人情報、プライベート写真などを気軽に投稿する方も多いでしょうが誰が見ているか分からないのがインターネットの怖さでもあります。必要以上の情報は載せず、公開する人を狭めると誹謗中傷のターゲットになる確率が減ることでしょう。

それでも誹謗中傷の的になってしまったら

行政に頼ることを検討してみて下さい。例えば、法務局はインターネット上の誹謗中傷を見付け削除する対応を行ってくれますし、インターネット運営会社に問い合わせするとこで該当する記事を削除、投稿者に注意勧告をしてくれますので、もしもの時は頼もしい存在になってくれること間違いなしです。

信用できる業者選びの徹底

誹謗中傷のターゲットになってしまった時は心だけでなく、体力、精神ともに喪失してしまいます。そんな時はインターネット上のトラブルを解決してくれる業者が存在していますが、この業者を選ぶのにもいくつかポイントがあります。法人で更に問い合わせる側もそれなりの知識を持っていないといけないようです。安いからという理由で判断せず、信用できるか、しっかり対策を行ってくれるのかを重視しましょう。

インターネットの掲示板などで悪口などを書き込まれてしまった時の誹謗中傷対策は管理者に問い合わせれば削除してもらえます。