ネットでの誹謗中傷にあった時どうする!?

ネット誹謗中傷の危険性

今の時代、ネットでの誹謗中傷に合う機会は増えている事と思います。この現代でSNSなどネットを通して人と連絡を取り合わない人は居ないんじゃありませんか?そんなネットでの先ず起こるトラブルが誹謗中傷です。些細な事からターゲットにされる、それは現実でもある虐めと変わりありませんが中身もとても悪質なものである事が多いです。個人情報を晒されたりなど、そんな時の対処法を次で紹介したいと思います。

ネットで誹謗中傷にあった時は?

先ず、ネットで誹謗中傷にあった時に大前提としてそれを止めさせたいですよね?その為に出来る行動があるのを知っておくことがネット知識として大切なんじゃないかと思います。ネットの誹謗中傷が法律に触れるのは次の例です。個人情報が晒された場合は、名誉棄損に当たる場合があるのです。そして、悪口などいわれのない中傷は侮辱罪に。最後にプライバシー権の侵害です。中傷した個人を特定する為にプロバイダーにIPアドレスの開示を求める権利を有している事を知って置いて損はないと思います。このIPアドレスというのは住んでいる場所を特定する事も可能な情報なんです。知っていましたか?それによって本人に上記の法律に触れる行為を止めされる事が格段にしやすくなる事を知って置きたいですよね。生きていれば誹謗中傷に合う事はある事かと思います、ネット時代になった今なら尚更。だからこそ身を守る手段という情報を知っているか知っていないかで全然違ったものとなるんじゃないでしょうか。

逆SEOとはwebサイト検索順位を下げることです。これによって、そのサイトが人目につきにくくなります。