パソコンはデスクトップにすべきかノートにすべきか

デスクトップパソコンについて

デスクトップパソコンはノートパソコンより性能が良く安価な物が多いです。端子の数も多くプリンターやスピーカー等の周辺機器の拡張がしやすいという利点があり、画面も大きく見やすく、映像も見るのに適しています。キーボードも分かれていて文字も打ちやすく、WEB閲覧以外にも仕事においての作業もしやすいです。放熱性にもすぐれており故障しにくいですし、またディスプレイとパソコン本体が別れているため、どちらかが故障で買い替えになっても一方を買い替えるだけで済みます。ノートの場合は一体になっているのでそういう分けにはいきません。しかしながら場所をとるので十分なスペースがないと不都合です。もちろんノートパソコンのように持ち運びにも無理があります。よって自宅の部屋等に十分スペースがあり外に持ち出す用途がないならデスクトップパソコンを選んだ方が良いでしょう。

ノートパソコンについて

ノートパソコンの利点は何と言ってもそのサイズと重量です。持ち運びに適しており軽いので外にバッグに入れて外出することもでき、自宅の部屋等で使うにも場所を取らないし、取り回しが良いです。現在ではタブレットPCという物も販売されており、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使うことができ従来のノートパソコンより小さくて軽く、より持ち運びに便利な物もあります。しかしながらデスクトップパソコンに比べると性能に劣る物が多く、放熱性も悪く故障しやすいのが難点であります。よって部屋にスペースがないとか、外に持ち出すことがある場合にはノートパソコンを選んだ方が良いでしょう。

パソコンはデスクトップタイプとノートタイプの2種類に大別できます。前者は拡張性の高さが魅力で、後者は持ち運びしやすいことが利点です。