覚えておきたい!ネットワーク監視の必要性

そもそもネットワーク監視とは?

ネットワーク監視とは、ネットワークの性能が低下してレスポンスが悪化していないかどうかや、ネットワークがダウンしていないかどうかを監視するお仕事です。その監視のためには、サーバーなどのネットワーク機器や通信トラフィックなどの状態を見て、障害や性能低下の発生を監視します。具体的な方補としては、もしWebサーバーの場合は、HTTP要求をポーリングをかけることで、Webサーバーの状態を監視できます。メールサーバーの場合は、SMTPにてテストメッセージを送ることで、サーバーの状態を把握することができます。

ネットワーク監視にて監視する項目

ネットワーク監視にて監視する項目には、サービス・プロトコルの状態を監視します。サービスやプロトコルの応答時間が適切かどうかを監視し、正常なネットワーク稼働を維持するのです。その他にも、ハードウェアの状態も監視します。サーバーのCPU使用率やメモリの使用状況、プロセス数やハードディスクの使用率などの監視を行います。また、サービスやプロトコル、ハードウェアの状態が正常であったとしても、通信回線が混雑するとネットワークがうまく動かなくなります。そのためトラフィックの監視も行われます。更には、ネットワークシステムには、監視している機器に異常が起こった場合、トラップと呼ばれる通知を自動的に送るように設計されています。このトラップの発生の有無もチェックします。

ネットワーク監視の重要性

現在はインターネットにより24時間356日体制にて、顧客が会社のホームページを見られるようになっています。そのため、顧客がいつアクセスしても安定した動作を提供できるように、24時間常に定期的にネットワークを監視することが大切なのです。

ネットワーク監視を効果的に行うことで、定期的にサーバーの不具合等のリスクにすぐに対処をすることができます。